チェルシー、2部ノリッジ相手に大苦戦もPK戦で再試合制す…“ダイブ”で2名が退場/FAカップ3回戦

コメント()
Mike Hewitt
チェルシーがPK戦でノリッジを下した。

■FAカップ3回戦再試合 チェルシー 1-1 ノリッジ・シティ(PK戦 5-3)

チェルシー:バチュアイ(55分)
ノリッジ・シティ:ジャマル・ルイス(94分)

FAカップは17日に3回戦の再試合が行われ、チェルシーは2部ノリッジ・シティと対戦した。

6日に行われた敵地での試合をスコアレスドローで終え、本拠地「スタンフォード・ブリッジ」で再試合を戦うこととなったチェルシー。この試合では、エースのFWエデン・アザールら主力選手を温存。ドルトムントやセビージャへの移籍が噂される、FWミシー・バチュアイらが先発出場している。

前半は相手にポストを叩くシュートを打たれるなど、苦戦の続いたチェルシーだが、後半の早い段階で先制。55分、ケネディの左クロスに、マークを外した渦中のバチュアイが合わせてネットを揺らした。ベルギー代表FWは、スタンドのファンと抱き合ってゴールを喜んでいる。

先制後、65分にパスミスからピンチを迎えたが、ここはクルトワに代わって出場したGKカバジェロが好セーブ。その後も数回ゴールに迫られる場面もあったが、徐々に試合をコントロールしていく。81分には、先制点を奪ったバチュアイを下げてモラタを投入。ファンは拍手でバチュアイを迎えた。

このまま試合は終了するかに思われたが、ノリッジが土壇場で追いつく。後半アディショナルタイム、クローゼのクロスにジャマル・ルイスが頭で合わせ、劇的な同点ゴールを奪った。

試合はこのまま延長戦に突入。延長前半1分、エリア内でウィリアンが倒れる。しかし、主審はダイブをとってウィリアンにイエローカードを提示した。

一進一退の攻防が続く中、チェルシーは温存していたアザールを投入。1点を奪いに行く。しかし、延長前半14分のウィリアン、そしてモラタのビッグチャンスは、イングランド代表GKアンガス・ガンがビッグセーブ。

すると延長27分、ペドロがレイトチャージでイエローカードを受ける。すでにダイブで1枚もらっていた背番号11は退場となり、チェルシーは数的不利に陥る。さらに、途中出場のモラタも延長30分にエリア内でダイブをとられ警告を受ける。そして激しく抗議したスペイン代表FW2枚目のイエローカードで退場に。チェルシーは9人となった。

延長戦でも勝負はつかず、PK戦に突入する。先行のチェルシーは、1人目のウィリアンが成功。しかし、後攻ノリッジは1人目のネルソン・オリヴェイラが失敗。その後チェルシーは全員が成功し、PK戦までもつれ込んだ試合を制し、4回戦進出を決めた。

▶サッカーを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
アンデルレヒトがMFジュリを獲得…ライバル出現も森岡亮太は「残留希望」か
次の記事:
3戦を振り返る森保監督「僕が言ったことだけでなく」…メディアにもオープンな姿勢を求める
次の記事:
ヴァイグルを強く求めるPSG指揮官トゥヘル「依然として興味深い選手」
次の記事:
森保監督、次戦先発は「ギリギリまで悩む」。サウジへは警戒感示す「アジアでもトップクラス」
次の記事:
札幌と広島が参加のJリーグアジアチャレンジinタイ、DAZNで全試合ライブ配信!
閉じる