ニュース ライブスコア
プレミアリーグ

チェルシー、ユヴェントスのDF2選手獲得に動き出す…140億円を準備か?

12:09 JST 2017/06/22
Alex Sandro and Leonardo Bonucci
守備陣の強化を目指すチェルシー。コンテ監督は古巣からサンドロとボヌッチの獲得を狙っている。

チェルシーのアントニオ・コンテ監督が、合計1億ポンド(約141億円)でユヴェントスのアレックス・サンドロとレオナルド・ボヌッチの獲得を目指していることが分かった。

以前からチェルシーはA・サンドロに興味を持っており、ユヴェントスに5520万ポンド(約78億円)から5800万ポンド(約82億円)のオファーを提示。一方の選手サイドも多くのサラリーを求めており、ロンドンに活躍の場を移すことに前向きとされてきた。しかし、イタリア王者は同選手の放出に徹底抗戦の構えを見せており、26歳のブラジル代表選手に昇給と2022年までの契約延長オファーを送っている。

また、センターバックの強化を目論むコンテ監督は古巣からボヌッチの引き抜きを狙っており、クラブにできる限りの資金を投じさせようと考えている。チェルシーはいまだ正式なオファーを送ってはいないが、ユヴェントスは適切な額のオファーがあれば応じる姿勢のようだ。

先日、2021年までスタンフォード・ブリッジで指揮を執ることが決まったコンテ監督は、クラブ首脳陣に30歳とやや高齢ではあるもののボヌッチの獲得を強く求めている。その一方で、ボヌッチを迎えるためにナタン・アケとクル・ズマを完全もしくはローンで放出することを画策しているようだ。

来シーズンに向け、着実に補強を進めたいチェルシーは、エヴァートンのロメル・ルカク、モナコのティエムエ・バカヨコ、マンチェスター・シティのウィリー・カバジェロの獲得を最優先にしているものの、イタリアからさらに2選手の補強を目論んでいる。

サッカーのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。