チェルシー、バークリー獲得に再挑戦か…昨夏に成立間近も負傷で頓挫

コメント()
昨夏にもチェルシー行きが近づいたエヴァートンのバークリー。今冬に実現なるか。

チェルシーがエヴァートンに所属するイングランド代表MFロス・バークリー獲得に再び乗り出すようだ。『Goal』の取材によって明らかとなった。

バークリーは昨夏に退団が濃厚と伝えられたものの、ハムストリングの負傷によって残留が決定。契約は残り6カ月となっているため、昨夏に提示した移籍金よりも低い額で移籍が成立すると見られている。

トッテナムが獲得に興味を示しているものの、より本腰なのはチェルシー。前半戦を欠場したバークリーだが、復帰はまもなくと伝えられており、移籍が決定すれば、デビューも近いという。

アントニオ・コンテ監督も新たな選手が到着することを認めており、1週間前には「チームは強化するために今冬ベストを尽くしてくれるだろう。私は監督で、ピッチで選手とともに仕事をする必要がある。市場はクラブの仕事だ」と話している。

なお、チェルシーはエデン・アザール退団のうわさがあり、バークリーはその代役となる可能性もありそうだ。

閉じる