ダビド・シルバ、2010年から在籍のマンチェスター・Cと契約延長…期間は2020年まで

コメント()
Getty Images
7年半もの間マンチェスター・シティでプレーするスペイン代表MFは、あと2年半エティハド・スタジアムでプレーすることになる。

スペイン代表MFダビド・シルバがマンチェスター・シティと1年間の契約延長を結んだ。

2010年にバレンシアからマンチェスター・シティに加入したシルバは、2019年で満了する現行契約を延長し、2020年までチームに残ることが決定。数年に渡り好調を維持する同選手は、今シーズンもリーグ戦14試合8アシストを記録するなど連勝街道を突き進むチームをけん引している。

契約延長に合意したシルバは、クラブの公式ウェブサイトで「これからもシティでプレーできることが決まってとても幸せだ」と今後もクラブでプレーできる喜びを語った。

続けて「この7年半、シティで成し遂げたことを誇りに思う。それに、今シーズンはトロフィー獲得に向けて良い位置に立てている。このチームの一員であることは喜びで、これからもさらに多くのタイトルを勝ち取れると期待している」とコメントを残している。

クラブのフットボールディレクター、チキ・ベギリスタイン氏も「この報告ができて満足している。今シーズン、彼はイングランドで最高のミッドフィールダーということを証明しており、若手選手の成長にも大きく貢献してくれるだろう」と今後もシルバがあらゆる側面でチームに貢献してくれると話した。

スペイン代表としても活躍する同選手は、マンチェスター・シティに在籍7年半でリーグ戦234試合に出場して40ゴールを記録している。

▶プレミアリーグを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
柴崎岳、準々決勝で対戦するベトナムを警戒「ここまで上がってくるだけの力がある」
次の記事:
「チャレンジャー精神で臨む」森保監督、ベトナム代表を高評価。「明日も厳しい試合になる」
次の記事:
バルセロナ、デ・ヨング獲得へ個人条件で対抗…年俸20億円オファーを準備か
次の記事:
バルセロナに電撃移籍したボアテングの後釜にバロテッリ?サッスオーロに提案か
次の記事:
J王者・川崎Fが欧州強豪クラブと対戦!『Jリーグワールドチャレンジ』が7月に開催決定
閉じる