“タクシー泥棒”エヴァンズ、主将剥奪に…WBA指揮官「何かしらの行動が必要」

コメント()
Getty Images
スペインで事件を起こしたとされる北アイルランド代表DFは試合には出場するものの、キャプテンマークは他の選手へと渡った。

ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンのアラン・パーデュー監督は、スペインで事件を起こしたとされるジョニー・エヴァンズをキャプテンから外す決断を下した。

先日、英タブロイド紙『ザ・サン』は、バルセロナでのキャンプ中にWBAの4選手がタクシーを窃盗したと報道。この4人の中に、主将を務めるエヴァンズも含まれているとされ、クラブは独自に調査を進め、当該選手に処分を科すと発表していた。


そして、17日に行われたFAカップ5回戦のサウサンプトン戦(1-2)で、この事件に関与したとされる選手のうちエヴァンズとギャレス・バリーは先発出場。ジェイク・リヴァモアとボアズ・マイヒルは欠場となった。

しかし、この一戦でチームキャプテンの北アイルランド代表DFは、アームバンドを他の選手に渡してプレーした。試合後、パーデュー監督はこの決断をスペインでの事件に関する制裁だと話した。

「この件に関して、何かしらの行動をとる必要があると感じている。彼らに対して失望しており、今日はギャレス(マコーリー)をキャプテンにした。あの夜に起きたことは、プロフェッショナルとはかけ離れたものだった」

しかし、「私は憤りを感じているが、我々の選手たちを信じて、信頼を回復させるための時間を与えるつもりだ」と続け、今後も名誉挽回のチャンスを与えるとコメントしている。

FAカップでも敗退となったWBAは、リーグ戦でも最下位と苦しんでいる。残留圏内の17位ハダースフィールドとは7ポイント差となっている中、チームに不穏な空気が漂っている。

▶プレミアリーグを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
「前線にとって楽しい試合ではなかったけれど…」武藤嘉紀、守備に奔走もサウジ戦の勝利に満足
次の記事:
防戦一方、サウジの息の根を止められなかった日本。問われる森保監督のマネジメント
次の記事:
サウジに苦戦も結果が出たことに満足の柴崎岳「意識を統一して戦えたことは収穫」
次の記事:
日本を勝利に導いた20歳冨安健洋に伊紙も賛辞「GKが何もできない豪快なヘッド」
次の記事:
ポゼッション率は1998年以来最低の「23.7%」…データが示す森保ジャパンの“大苦戦”
閉じる