タイ戦は重圧との戦いと強調…ハリルホジッチ監督「プレッシャーは大好き」

コメント()
©Getty Images
28日に行われる2018 FIFAワールドカップ ロシア アジア最終予選・タイ代表戦に向け、トレーニングを行っている日本代表。27日の練習を前に、日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督が記者会見に臨んだ。

28日に行われる2018 FIFAワールドカップ ロシア アジア最終予選・タイ代表戦に向け、トレーニングを行っている日本代表。27日の練習を前に、日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督が記者会見に臨んだ。

23日に行われたアウェー・アラブ首長国連邦(UAE)代表戦で2-0の完勝を収めた日本代表。ハリルホジッチ監督はタイ代表戦に向け、どのような言葉で選手たちを引き締めたのだろうか。ハリルホジッチ監督は「W杯に向けた門が開いている状態」とし、「これで選手たちがモチベーションを持たなかったら疑問を抱かねばならない」と言う。そして「気を緩めてしまったら、プロとして失敗だ」として、明日の先発メンバーは「頭がスッキリした状態で試合に臨むはずだ」と話した。

また、埼玉スタジアム2002のチケットが完売していることに触れ、「埼玉が満員になることも分かっています。サポーターの皆さんが、ダイナミックな雰囲気を作ってくれるでしょう。そうした中で、失敗することは許されない」とも。その一方で、「タイを過小評価しては絶対にいけない」と、警戒も怠らない。「(タイ代表は)クオリティーもあるチーム。(イラク代表戦を除く)全ての試合を見ているが、全ての試合で素晴らしいプレーをしている」とし、勝つためには「高いモチベーションとハードワークが必要だ」と語る。

UAE代表戦では、日本のUAE対策が当たり勝利を収めたが、今回はタイ代表が日本対策をしてくるはずだ。その点について質問されると、「2つのソリューション(解決策)を用意している」と回答。「日本代表が苦境に陥る状況を、わざわざ説明する必要はないが、ただ、何が起こってもおかしくないのでソリューションは用意しておく必要がある」と続けた。

また選手たちには「とにかく強い気持ちと集中を見せない」と告げたと言うハリルホジッチ監督。FW陣には「冷静さを保ちなさい。慌てないでください。点が入らなくても自信は失ってはいけないし、最後の最後まで冷静に。我々のクオリティーに疑問を抱く必要はない」と伝えたと話す。そして「プレッシャーに引っかかってはいけないし、自信がない状態も作らない方が良い」と説明した。

「初戦で負けたら、アジア最終予選は突破できないと言われたが、突破可能な位置に着けている。しかし、気を緩めてはいけません。さらにプレッシャーが加わってくる。重要な試合になればなるほど、プレッシャーが掛かるのがフットボール。それをコントロールできなければいけない」とプレッシャーをいかにコントロールするかが重要だと説いたハリルホジッチ監督。しかし、監督自身は「プレッシャーは大好きだ」と語る。

最後に「日本を去るんですか、という質問も受けたが、そういった質問も歓迎です。どんどん私にプレッシャーを掛けてください。ギリギリのラインを越えるようなことを言う人もいますが、私は勝つためのモチベーションが湧くのです」と、やや挑戦的な発言も飛び出した。

Jリーグのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

閉じる