セレッソ大阪が連勝で首位浮上…3位・鹿島は4連勝/J1リーグ第17節

コメント()
(C) Getty Images for DAZN
7月2日、明治安田生命J1リーグ第17節が3試合行われた。

明治安田生命J1リーグ第17節が7月2日、3試合行われた。セレッソ大阪が連勝で首位に浮上し、鹿島アントラーズは柏レイソルとの激闘を制して4連勝とした。

ヴァンフォーレ甲府はホームにサガン鳥栖を迎えての一戦。両GKの好セーブなどもあり得点は生まれず、スコアレスドロー。甲府は8戦勝ちがなく、鳥栖は5戦負けなし。

柏と鹿島の対戦は打ち合いとなった。2-2の72分にFWペドロ・ジュニオールのゴールで勝ち越した鹿島が3-2で勝ち、4連勝。柏は11試合ぶりの黒星で、首位陥落となった。

C大阪は1点ビハインドで後半を迎えたが、FW杉本健勇とDF松田陸のゴールで逆転に成功。さらにMFソウザが83分に追加点を挙げて勝負あり。3-1でC大阪が勝ち、首位に浮上。FC東京は3連敗となった。

試合結果は以下の通り。残りの6試合は1日に行われた。

明治安田生命J1リーグ第17節

7月1日
北海道コンサドーレ札幌 1-0 清水エスパルス
ベガルタ仙台 2-3 ガンバ大阪
浦和レッズ 4-3 サンフレッチェ広島
大宮アルディージャ 1-2 横浜F・マリノス
川崎フロンターレ 5-0 ヴィッセル神戸
アルビレックス新潟 0-2 ジュビロ磐田

7月2日
ヴァンフォーレ甲府 0-0 サガン鳥栖
柏レイソル 2-3 鹿島アントラーズ
セレッソ大阪 3-1 FC東京

閉じる