セレッソ大阪が踏み出した大きな一歩…ユン・ジョンファン監督が語った収穫と手応え

コメント
試合後の記者会見では、選手たちを褒めたたえたユン・ジョンファン監督。

セレッソ大阪を率いるユン・ジョンファン監督が、10日に行われたFUJI XEROX SUPER CUP 2018を制して選手たちに賛辞を贈った。

C大阪はルヴァンカップ、天皇杯王者として昨年のJリーグ覇者川崎フロンターレと対戦。試合は打ち合いの末、3-2で勝利し、今季最初のタイトルを手にした。ユン・ジョンファン監督は「休みも多くなく、練習期間も長くなかったが、すべての選手たちが組織力を持ってやってくれましたし、今年1年やっていかないといけない部分を示してくれました」と満足気な表情を浮かべる。

「出発点としては悪くなかった」と語る韓国人指揮官は「この後アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)があるので、早く回復をして準備してきたい」と先を見据える。14日にはグループステージ第1節で済州ユナイテッドと対戦する予定。ユン・ジョンファンは「ACLは韓国や中国のチームとやるので、スタイルも変わってくるので、そこにしっかり合わせていく必要があると思っています」と話す。

さらに、今回の一戦で得た収穫については「去年やってきた自信を持ちながら試合ができたこと。その部分を継続し、勝利という結果で示すことができたのは大きなことだと思います」と語る。

交代で入った高木俊幸やヤン・ドンヒョンといった新戦力もゴールに絡み、手応えを語ったユン・ジョンファン。今季も昨季以上のタイトル獲得を目指し、大きな一歩を踏み出した。

▶Jリーグを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

【関連記事】
2018シーズン Jリーグの試合日程・放送予定まとめ
2018シーズンのJリーグをテレビの大画面で楽しむ方法とは?
開幕直前!DAZNでJリーグを視聴する方法を紹介/2018シーズン明治安田生命Jリーグ
徹底解説!Jリーグを視聴する方法を紹介/2018シーズン 明治安田生命Jリーグ
2018シーズンJリーグの大会概要まとめ-賞金やACL出場権、降格・昇格条件など
Jリーグのチケット購入方法とは?2018シーズン Jリーグのチケット情報まとめ

次の記事:
客観的に日本代表とサッカー界を見る長友佑都、自身の進化も見据える 「新しい長友佑都を…」
次の記事:
柴崎岳が感じるこれまでの日本代表との“違い”…中島ら新世代には「いなかったタイプ」
次の記事:
主将吉田麻也が3失点を反省も…ウルグアイを翻弄した攻撃陣に「正直驚いている」
次の記事:
レーブ監督がフランス戦の敗因を分析…ドイツ代表に求められる変革とは?
次の記事:
“南野帝王”覚醒。3戦4発で唯一無二の存在感…アジア杯へのサバイバルで一歩リードか
閉じる