セルヒオ・ラモス、OA枠で東京五輪参戦へ「来夏はEURO制覇と金メダルが夢」と現地報道

コメント()
Getty Images
すでにU-23スペイン代表は来夏の東京オリンピック出場を決めている。現地報道によると、フル代表の主将セルヒオ・ラモスは、OA枠で金メダル獲得を狙っている模様だ。

レアル・マドリー、スペイン代表で主将を務めるセルヒオ・ラモスは、来年の夏に東京オリンピックでプレーすることになりそうだ。

スペイン『エル・ムンド』はセルヒオ・ラモスについて「彼の胸中にある夢、2020年はEURO2020と東京オリンピックの両コンペティションでプレーすること。そして東京で金メダルを獲得するユニークなシナリオ」との見出しで、来年の東京五輪に参戦する意向があると伝えた。

「S・ラモスはサッカー界の中でもユニークな偉業を達成している。それはクラブレベル、代表ともにヨーロッパ王者、世界王者にもなった。4つの王者となり、カップを掲げている」

「すでにキャリアの晩年にある彼にとって、2020年の夏は地平線の向こうでモチベーションが高まる大会が開かれる予定になっており、彼はその大舞台を照準に合わせている」

「その挑戦はEURO2020と東京オリンピックだ。この2つの大会にS・ラモスは挑むつもりのようだ。五輪については基本的にU-23スペイン代表が主体となるが、オーバーエイジ枠で3人だけ年齢制限無しで出場できることになっており、彼はその枠に入ることになるだろう」

「東京で金メダルを獲得することはS・ラモスにとって大きな夢の成就となる。U-23指揮官ルイス・デ・ラ・フエンテにとっても、ベテランの経験とクオリティーはチームにとって頼れる宝石となるはずだ」

今夏、スペインは東京オリンピックのヨーロッパ予選も兼ねているU-21欧州選手権で優勝を果たしており、すでに五輪行きの切符も手にしている。もし、来年の東京オリンピックでS・ラモスがU-23スペイン代表に加わるとなると、守備陣のリーダーとして優勝候補スペインにとっては大きな味方となることは間違いない。

オリンピックのサッカー競技において、スペインは1920年のアントワープ五輪で銀メダルを獲得。それから72年が経過し、母国開催となった1992年のバルセロナ五輪では金メダルに輝き、2000年のシドニー五輪決勝では決勝でカメルーンに敗れ、銀メダルとなった。五輪では過去10大会に参加し、3度メダルを獲得している。

S・ラモスはスペインフル代表でキャプテンを務めているが、来夏、EURO2020に続いてOA枠で東京五輪に参戦となるのだろうか。先日、スペインのパスポートを取得したとされるバルセロナの16歳アンス・ファティも五輪参戦が有力視されており、来年の夏はスペイン代表の攻守の要として、ファティとS・ラモスが東京のピッチに立つことになるかもしれない。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZNが「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ  ┃ 料金体系→こちらへ  ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説  ※
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News 』の提供記事です

Goal-live-scores

閉じる