セビージャ戦勝利の立役者P・アルカセル「与えられるチャンスを生かし切らなければ」

コメント()
Getty Images
昨季オサスナ戦以来となる2得点

4日のリーガエスパニョーラ第11節、バルセロナは本拠地カンプ・ノウでのセビージャ戦に2-1で勝利した。チームの全得点を決めたFWパコ・アルカセルは、自身の得点及びチームの勝利に喜びを表している。

バルセロナで出場機会が限られているP・アルカセルだが、この試合で驚きの先発出場を果たすと、2得点を決めてしっかりと期待に答えた。同選手が2得点を記録するのは、4月26日に行われた昨季オサスナ戦以来となる。

P・アルカセルは試合後、スペイン『Beinスポーツ』のフラッシュインタビューで次のように感想を述べた。

広告

「僕個人のことよりも、最後まで戦い抜いたチームに目を向けるべきだろう。今日のように苦しみを味わう試合は、チームにポジティブな要素をもたらしてくれる。全員が気概を見せるというのは、素晴らしいことだ」

「僕たちは監督が与えてくれるチャンスを生かし切らなければならない。2ゴールを決められて本当に満足しているよ。でも、それよりもうれしいのは、チームが手にした結果だ」

P・アルカセルはまた、ゴールを誰に捧げたのかを問われ「生まれてくる娘に捧げたよ」と返答している。

次の記事:
ネイマールが右足を痛めて途中交代…トゥヘル「昨年の負傷と同じ右足だから心配」
次の記事:
セビージャがホームでバルセロナに2-0先勝…バルサの国王杯5連覇に黄信号/国王杯準々決勝
次の記事:
アグエロ弾でマンチェスター・Cが3部バートンに連勝…リーグカップ決勝進出/カラバオカップ準決勝
次の記事:
ミランが“レヴァ2世”ピョンテク獲得!移籍金は約44億円…イグアイン退団決定後に発表
次の記事:
バルセロナがアヤックスの逸材デ・ヨングを最大100億円超で獲得…合流は今季終了後に
閉じる