ニュース ライブスコア
プリメイラ・リーガ

スポルティングが中島翔哉獲得を目指した?当時指揮官が回顧「望んだが高すぎた」

11:43 JST 2020/01/05
2019-11-08 Nakajima Shoya PORTO

ポルトガルの強豪スポルティング・リスボンが中島翔哉の獲得を狙っていたようだ。

2017年夏からポルティモネンセに加入し、18カ月にわたり大きなインパクトを残した中島。その後、2019年冬にカタールのアル・ドゥハイルに移籍したが、同年7月に契約解除金8000万ユーロ(当時97億円)の5年契約を結び、名門ポルトに迎え入れられた。

そんな中、2018年にファンからの襲撃や選手の大量退団、さらに首脳陣の対立など大混乱に陥ったスポルティングが、立て直しに向けて同年夏にポルティモネンセに所属していた中島の獲得を目指していたようだ。同時期に新監督に就任したジョゼ・ペゼイロ氏はポルトガル『O Jogo』で当時を振り返った。

「彼は我々が契約を望んだ選手の1人だった。私は彼をオフェンシブミッドフィールダーやウィンガーとして起用したかった。彼はバランスを取るための動きやダイナミクスのある選手だ。決断力もあるし、ボールのある状態でとても良いプレーができる」

しかし、獲得ができなかった理由については「ただ、我々には高すぎた」と4000万ユーロ(当時約52億円)と報じられたポルティモネンセが要求する移籍金がネックになったことを明かしていた。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)をテレビで見る方法7つを厳選!超簡単な視聴方法を紹介
DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ  ┃ 料金体系→こちらへ  ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説  ※
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News 』の提供記事です