スペイン代表指揮官「ケパだってファーストチョイスではない」GK起用の悩みを明かす

最終更新
Getty Images

スペイン代表指揮官ロベルト・モレノがスペイン代表の正GK争いについて言及。先日のルーマニア戦ではケパ・アリサバラガがゴールを守ったものの、まだ同選手が絶対的な存在ではないと説いている。

EURO2020予選でスペインはここまで5連勝。ルイス・エンリケ前監督が家庭の事情で指揮官を退任し、その後任としてコーチを務めていたモレノが暫定監督に昇格。6月からは正式に監督へと就任した。

指揮官モレノはメディアの前でGKのチョイスに悩んでいることを明かし「今、招集しているGKはいずれも高いレベルのプレーをトレーニングで見せている。現時点で1人だけを選ぶことは難しいね。誰が正GKにふさわしいかはわからない」と述べている。

「ケパだってファーストチョイスではない状況だ。3人ともにトップレベルだから、私にとってGKを選択することは本当に難題となる」

最新のスペイン代表でGKはダビド・デ・ヘア、ケパ・アリサバラガ、パウ・ロペスの3名が招集されている。最も経験があるのはデ・ヘアだが、2018年のロシア・ワールドカップで不安定な場面が散見されたことから、絶対的な正GKではなくなり、2019年に入ってからはスペイン代表として出場したのは3月に行われたEURO2020予選第1節のノルウェー戦のみ。

その後の第2節マルタ戦~第5節ルーマニア戦まで4試合連続でケパがゴールを守ったものの、指揮官モレノはケパでさえもまだ絶対的な存在ではないと見ているようだ。

スペインは現地時間8日、フェロー諸島とのEURO予選第6節を迎える。果たして指揮官モレノはどのGKをスタメン起用するのか、注目が集まる。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZNが「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ  ┃ 料金体系→こちらへ  ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説  ※
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News 』の提供記事です

Goal-live-scores