スペインが強さ見せつけコスタリカを粉砕…アルゼンチンはロシアに辛勝

コメント()
親善試合が各地で行われた。

11日に各地で国際親善試合が行われた。アルゼンチンは敵地でロシアと、スペインはホームでコスタリカと対戦している。

アルゼンチンは来年のワールドカップ開催国であるロシアと対戦。ホルヘ・サンパオリ体制では初となる先発出場を果たしたセルヒオ・アグエロが終了間際に決勝弾を押し込み、勝利をもたらした。なお、リオネル・メッシは先発したものの、ゴールはなし。フル出場した後、休養により代表を離脱することが発表されている。

一方、スペインはマラガでコスタリカを5-0と粉砕。開始早々にジョルディ・アルバが先制点を挙げると、23分にはアルバロ・モラタが追加点。後半に入っても攻撃の手を緩めず、ダビド・シルバ、アンドレス・イニエスタがネットを揺らした。

なお、スペインはユーロ2016のイタリア戦を最後に負け知らず。ユーロ終了後から就任したフレン・ロペテギ監督は無敗街道を歩み続けている。

▶サッカーを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
バルベルデ、メッシの負傷離脱に「プレーアイデアは保ちたい。だが不在を痛感するはず」
次の記事:
セビージャ監督マチン、バルサ戦のパフォーマンスに胸を張る…敗因は「テア・シュテーゲン」
次の記事:
先制点お膳立ての堂安律、バー&ポスト直撃シュートなど存在感発揮も…フローニンゲンは勝利ならず
次の記事:
ラージョ戦先発が予想されたヘタフェ柴崎岳、結局は起用されず…5試合連続で出場機会なし
次の記事:
伊藤達哉、先発で違い見せるも途中交代…HSVはスコアレスドローで4戦負けなし
閉じる