スパレッティがローマ監督を退任…今季はセリエAでクラブ史上最多勝ち点を獲得

コメント()
Getty
ローマがスパレッティ監督の退任を発表。スパレッティはインテル指揮官への就任がうわさされている。

ローマが30日、ルチアーノ・スパレッティ監督の退任を発表した。

ローマは今シーズンのセリエAを2位で終了。優勝したユヴェントスとは勝ち点4差で、来シーズンのチャンピオンズリーグストレートインを決めている。2016年1月からチームを率いるスパレッティ監督は、レジェンドのFWフランチェスコ・トッティとの確執が伝えられながら、見事な手腕を発揮した。

ローマのジェームズ・パロッタ会長は公式サイトを通じてスパレッティ監督への感謝の言葉を述べた。

「ルチアーノ・スパレッティは復帰から、チームに大きな貢献をしてくれた。今季は彼のリーダーシップが発揮され、歴史上最も多くの勝ち点とゴールを獲得した。ルチアーノの幸運を祈る。クラブは成長を続けるし、価値、哲学を共有する新監督とともに発展していくつもりだ」

なお、スパレッティについてはインテル幹部が次期監督の有力候補だと話しており、就任がうわさされている。

次の記事:
3戦を振り返る森保監督「僕が言ったことだけでなく」…メディアにもオープンな姿勢を求める
次の記事:
ヴァイグルを強く求めるPSG指揮官トゥヘル「依然として興味深い選手」
次の記事:
森保監督、次戦先発は「ギリギリまで悩む」。サウジへは警戒感示す「アジアでもトップクラス」
次の記事:
札幌と広島が参加のJリーグアジアチャレンジinタイ、DAZNで全試合ライブ配信!
次の記事:
モウリーニョ本の著者が語るスペシャル・ワン失敗の理由…レアル帰還の可能性も?/独占インタビュー
閉じる