スタメン復帰の吉田麻也、失点に絡みアピール失敗…サウサンプトンは4試合ぶり黒星

コメント()
(C)Getty Images
フートに代わって先発に入った吉田だが…。

サウサンプトンに所属する日本代表DF吉田麻也が、スタメンに復帰したものの、アピール成功とはいかなかった。

吉田は前節のブライトン戦で先発を外れ、6試合ぶりのスタメン落ち。しかし、今節のバーンリー戦ではヴェスレイ・フートから再び定位置を奪取し、ビルヒル・ファン・ダイクとコンビを組んだ。

試合はスコアレスで推移し、終盤の83分に動く。交代策で流れをつかみかけていたバーンリーがゴールネットを揺らす。右サイドからヨハン・グズムンドソンの左足のクロスにFWサム・ヴォークスが吉田に競り勝ち、ヘディングでゴールへとねじ込む。競り負け、失点に絡んでしまった形の吉田は、芝生を叩き、悔しがった。

その後、反撃を試みたサウサンプトンだが、同点弾を手にすることはできず。ヴォークスの1点が決勝点となる形で、バーンリーが1-0と勝利した。サウサンプトンはリーグ戦では4試合ぶりとなる黒星を喫している。

次の記事:
「コウ・イタクラって誰?」マンチェスター・C現地紙が新契約の板倉滉を紹介も…
次の記事:
プレミア他クラブにとっては悪夢? デ・ヘア、今後のキャリア全盛期もマンチェスター・U在籍希望か
次の記事:
乾、北川…求められる控え組の爆発。1位突破を懸けたウズベク戦で停滞感を打破できるか?
次の記事:
「皆めっちゃディスってきますが…」 UAEでの苦労から成長を語る塩谷司。真夏の熱湯シャワー、冷房故障…
次の記事:
原口元気、左サイドでコンビを組む長友との連携面は…「感覚的な部分ですり合わせが必要」
閉じる