ニュース ライブスコア
ラ リーガ

スアレス後釜確保を目指すバルセロナ、L・マルティネスとハーランドを来夏のメインターゲットに

5:20 JST 2019/11/23
Erling Haaland Lautaro Martinez Luis Suarez

バルセロナがラウタロ・マルティネスとアーリング・ブラウト・ハーランドを来夏のメインターゲットに定めたようだ。

現在、32歳のルイス・スアレスがストライカーを務めるものの、十分な控えが不在のバルセロナ。ウルグアイ代表FWもベテランの域に達しており、同クラブは2020年夏の移籍市場で同選手の長期的な代役の獲得を検討する。そんな中、『Goal』の取材によると、スペインの名門はクラブで好調を続けるマルティネスとハーランドの獲得を見据えているようだ。

インテルで活躍するマルティネスは、今夏にマウロ・イカルディがチームを離れて以降、ロメル・ルカクとともにチームに不可欠な存在に。公式戦8ゴール3アシストを記録し、快進撃を続けるチームを支える。この活躍を受け、クラブは早くも契約更新に関する準備を開始。現行契約は2023年までだが、さらに長期的な新契約を結ぶことを目指し、また22歳のアルゼンチン代表FWを引き留めるために違約金を2億ユーロ(約240億円)に設定すると考えられている。

実際に、バルセロナのスポーティングディレクターを務めるエリック・アビダル氏は、先日に今シーズン終了後に1億ユーロ(約120億円)程度で獲得できるとされるマルティネスへの興味を明かしていた。

一方のハーランドは、ザルツブルクでここまで公式戦18試合で5度のハットトリックを含む26ゴールを挙げるなど大爆発。このセンセーショナルな活躍に対して、他のビッグクラブが放っておくはずもなく、マンチェスター・ユナイテッドをはじめ、ユヴェントス、レアル・マドリー、ライプツィヒが強い関心を抱く。

また、19歳でこれだけの活躍をするノルウェー人FWのポテンシャルに大きな注目が集まっており、主戦場が欧州主要リーグではないオーストリア・ブンデスリーガであることや、ヨーロッパの舞台での経験不足が一部で懸念されているものの、移籍金は1億ユーロ程度に上ると考えられている。

両選手ともに他のビッグクラブも興味を見せており、争奪戦は必至だが、バルセロナは来夏に新たなナンバー9をチームに迎え入れることができるのだろうか。

▶【Goal.com×鹿島アントラーズ】誰でもDAZN(ダゾーン)が2ヶ月無料に!詳細はコチラ|11月30日まで

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)をテレビで見る方法7つを厳選!超簡単な視聴方法を紹介
DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ  ┃ 料金体系→こちらへ  ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説  ※
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News 』の提供記事です