ジーコ氏の日本サッカー殿堂掲額記念セレモニー実施…スルガ銀行チャンピオンシップ試合前に

コメント()
2017-08-11-zico
(C)Getty Images
第13回日本サッカー殿堂に掲額されたジーコ氏の記念セレモニーが実施される。

日本サッカー協会は10日、第13回日本サッカー殿堂に掲額されたジーコ氏の記念セレモニーを、15日に埼玉スタジアム2002で行われるスルガ銀行チャンピオンシップ2017 SAITAMAの試合前に行うと発表した。

ジーコ氏は、昨年9月に行われた掲額式典をスケジュールの都合により欠席。そのため、今回の来日に合わせてセレモニーを行うことになった。なお、スルガ銀行チャンピオンシップでは、2016JリーグYBCルヴァンカップ優勝チームの浦和レッズと、コパ・スダメリカーナ2016の優勝チーム、シャペコエンセ(ブラジル)が対戦する。

ブラジル代表などで活躍したジーコ氏は1991年、38歳で住友金属(後の鹿島アントラーズ)に加入。1993年のJリーグ開幕戦でハットトリックの活躍を見せるなど、Jリーグ開幕当初の人気に貢献した。現役引退後は、鹿島の強化を担当。2002年からは日本代表監督に就任し、AFCアジアカップ中国2004優勝、2006FIFAワールドカップ・ドイツ出場を果たした。

また、ジーコ氏は日本代表監督として埼玉スタジアムで代表監督最多となる9試合を戦い、最多となる7勝(7勝2分け)を挙げている。

Goal 50 発表- 世界最高の選手トップ50
▶サッカーのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう

閉じる