ニュース ライブスコア
セグンダ ディビシオン

ジョージ・クルーニー氏、マラガ買収に興味か「買収を望んでいる映像制作企業の背後に彼がいる」

9:30 JST 2020/02/25
George Clooney

ハリウッド俳優ジョージ・クルーニー氏が関係するアメリカ企業グループが、リーガ・エスパニョーラ2部に所属するマラガの買収に興味を持っているようだ。スペイン各メディアが伝えている。

これはマラガの小株主団体(APA)の代表であるアントニオ・アギレラ氏がスペイン『カナル・マラガ』に対して明かしたもの。曰く、映像制作などを行うアメリカの企業グループが、マラガを欧州における撮影拠点とすることを目指しており、その一環として同土地のフットボールクラブ買収を検討しているという。

「映画やテレビ制作と関係ある、とても重要な企業グループが現在マラガに滞在している。彼らはマラガを欧州のハリウッドにすることを望んでいる。そしてジョージ・クルーニーは、その買収の背後にいる一人だ。しかしクラブを取り仕切り、経営を行う人物は、すでにマラガに住んでいる誰かとなるだろう」

なお同企業グループは、2019年にマラガのオーナーであるシェイク・アブドゥラ・ビン・ナッサル・アル=タニ氏に1500万ユーロのオファーを提示したものの、断りを入れられた模様。そして現在アル=タニ氏は、1億ユーロという破格の値段を求めているという。

「その企業グループはここで、アマゾンのためにドラマを撮影していた。ただ、彼らはアル=タニたちの求める馬鹿げた額を支払う気がない。アル=タニたちはマラガの株式売却で、1億ユーロを求めてきたんだ。とにかく、彼らはアル=タニがクラブを買収した額(3600万ユーロ)よりも、多くの金を提示できる力がある。現在は、交渉中というところだ。先の金曜日、アル=タニたちはアメリカ人たちに対して、交渉がしたいと連絡を入れた」

なおマラガの経営を仕切ってきたアル=タニ氏とその3人の息子たちはAPAによって訴えを起こされ、今月20日にマラガ第一審裁判所から不正経営、不法取得の罪により6カ月間のクラブ経営権剥奪及び、550万ユーロの補償金支払いを命じられた。アル・タニ氏の経営下で迷走を極めてきたマラガでは今後、管財人が選任される予定だ。

▶ラ・リーガ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)をテレビで見る方法7つを厳選!超簡単な視聴方法を紹介
DAZNの2020年用・最新取扱説明書→こちらへ  ┃ 料金体系→こちらへ  ※
DAZN番組表|直近のJリーグ放送・配信予定  ☆
DAZN番組表|直近の海外サッカー放送・配信予定  ☆
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News 』の提供記事です
「☆」は提携サイト『 DAZN News 』の提供記事です