ジダン、S・ラモスのポジション変更が失敗だったと認める「最悪の結果を招いてしまった」

コメント()
Alex Caparros
エスパニョールに敗れたレアル・マドリー

レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督は、試合中にDFセルヒオ・ラモスのポジションを変更した決断が過ちだったことを認めている。

27日のリーガエスパニョーラ第26節でエスパニョールと対戦したマドリー。敵地RCDEスタディウムで0-1と敗れ、28日のアスレティック・ビルバオ対バレンシアの結果次第では、4位に転落する可能性がある。

マドリーはエスパニョール戦、S・ラモスを前線に上げてパワープレーを試みた。ジダン監督はその決定に関して次のように話している。

「0-0の展開では、ああいったことが起こり得る。ラモスのポジションをFWに変更するようなことがね」

「それは我々が常に勝利を目指しているからだ。だが、それは果たされなかった。最悪の結果を招いてしまった。試合の終盤に失点してしまったわけだからね」

▶リーガ・エスパニョーラ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

次の記事:
「勝つ、次に進むことがすごく大事」酒井宏樹が苦しみながらのサウジ戦勝利を評価
次の記事:
「前線にとって楽しい試合ではなかったけれど…」武藤嘉紀、守備に奔走もサウジ戦の勝利に満足
次の記事:
防戦一方、サウジの息の根を止められなかった日本。問われる森保監督のマネジメント
次の記事:
サウジに苦戦も結果が出たことに満足の柴崎岳「意識を統一して戦えたことは収穫」
次の記事:
日本を勝利に導いた20歳冨安健洋に伊紙も賛辞「GKが何もできない豪快なヘッド」
閉じる