ニュース ライブスコア
レアル・マドリー

ジダン、西スーパー杯で選手たちを奮い立たせたメッセージは…「私たちはアトレティコより強いんだ」

20:23 JST 2020/01/14
Zinedine Zidane Real Madrid 2019-20

レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督が、スペイン・スーパーカップ決勝アトレティコ・マドリー戦の延長戦突入前、自チームの選手たちに対して口にしたメッセージが話題となっている。スペイン『モビスタール・プルス』が映像で捉えていた。

PK戦の末にアトレティコを下し、2年ぶり11回目のスペイン・スーパーカップ優勝を果たしたレアル・マドリー。同クラブ指揮官としてタイトルマッチ戦9試合全勝を果たすという偉業を成し遂げたジダン監督は、延長戦が開始する前に選手たちを奮い起こす言葉を投げかけ、モチベーターとしての手腕をしっかりと発揮している。

フランス人指揮官はピッチ上で輪となって集まる選手たちに真剣な顔つきで、自チームがアトレティコよりも優れていることを強調。「落ち着かなければいけない。時間は残されている。私たちはプレーに興じよう。私たちは彼らよりも優れている。何より、彼らよりも強いんだ」と、声を張り上げた。そのメッセージは立って彼のことを取り囲む選手たちはもちろんのこと、右足首を痛めたために座りながら処置を受けていた主将DFセルヒオ・ラモスも、しっかりと顔を上げて聞き込んでいた。

ジダン監督の言葉を受けて延長戦に臨んだレアル・マドリーの選手たちは、迎えたチャンスを決め切れなかったものの、MFフェデ・バルベルデがFWアルバロ・モラタに対して退場覚悟のタックルを仕掛けるなどアトレティコのゴールも許すことなくPK戦を迎え、4-1で戴冠を決めている。

試合直後のジダン監督は、先の真剣な顔つきとは打って変わって、満面の笑みを浮かべながら選手たちと抱擁を交わしていった。基本的には言葉少なに抱き合うだけだったが、しかしこの試合でも中盤の守備を支え続けたMFカセミロには「ここに来なよ、カブロン(スペイン語の俗語で、この野郎)、またやってくれたな。良かったぞモンスター、良かった。おめでとう、君はモンスターだ」と、会見などでも茶目っ気たっぷりに使用するスペイン語のスラングを交えながら、少し特別な賛辞を送っていた。

▶ラ・リーガ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)をテレビで見る方法7つを厳選!超簡単な視聴方法を紹介
DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ  ┃ 料金体系→こちらへ  ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説  ※
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News 』の提供記事です