ジダン、ビジャレアル戦直後に選手たちに伝えた言葉は…「周りの意見は気にするな」

コメント()
Getty Images
まずはコパ決勝進出を目指す

13日のリーガエスパニョーラ第19節、本拠地サンティアゴ・ベルナベウでのビジャレアル戦を0−1で落とし、危機的状況が騒がれるレアル・マドリーだが、ジネディーヌ・ジダン監督はその試合直後に選手たちに周囲の意見を気に留めないよう促していたようだ。スペイン『マルカ』が報じている。

ジダン監督はビジャレアル戦のチームのパフォーマンスに手応えを感じており、選手たちには批判に耳を傾ける必要がないことを訴えた模様。試合終了直後のロッカールームで「言われることを気にする必要などない。私たちは立ち上がる」「ゴールはまだ入らないが、まだ2タイトルが残っている。進み続けるんだ」という言葉を口にしたとのことだ。

ジダン監督はその後に出席した会見で「ボールがゴールに入りたがらない」「私たちは現在起こっているようなことに値しない。とにかく働き続けなければ」と、選手たちに投げかけた言葉を踏襲するコメントを発した。またDFダニ・カルバハルはミックスゾーンで「僕たちを信じられない人は降りればいい」と語り、MFトニ・クロースは『ツイッター』で「僕たちが悪い試合を演じたと言う人はフットボールの知識がない」とツイート。両選手ともジダン監督に言われたように、批判に対して聞く耳を持たなかった。

ビジャレアル戦の内容に胸を張るレアル・マドリーの面々。同チームは、チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦パリ・サンジェルマン戦に向けて勢いを増していくために、まずはコパ・デル・レイの決勝に到達することを目指すようだ。

▶リーガ・エスパニョーラを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
「少しの間嫌いになるかもね」アンリ、親友ヴィエラとの指揮官として初対決に意気込む
次の記事:
Y・トゥーレが「ピケの10倍良い」と絶賛する選手は?ベスト11にはなんとアタッカー6人!
次の記事:
セリエAの人種差別問題、伊サッカー連盟会長が厳しい対応へ…“即座に試合中断”を検討
次の記事:
アーセナルにこだます“不協和音”…敏腕スカウトが上層部と軋轢で退団か
次の記事:
「これからもPSGとともに…」カバーニ、チェルシー行きが報じられるもフランスで幸せと強調
閉じる