ジダン「ゴールだけが足りない」不調に苦しむベンゼマを擁護

コメント()
レアル通算100勝目を挙げた指揮官は、不調に苦しむベンゼマを見放していないようだ。

レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督は不調が続くFWカリム・ベンゼマを擁護した。

ベンゼマは15日に行われたリーガ・エスパニョーラ第32節マラガ戦にフル出場。チームは2-1で勝利したものの、ガレス・ベイルやクリスティアーノ・ロナウドなどを欠いたチームでエースとしての役割を期待されるも無得点に終わった。

今季わずかリーグ戦で5得点のみと期待された活躍を見せることができていないフランス代表FWについて、この試合でレアル通算100勝目を挙げた指揮官はまだ見放していないようだ。

「カリムはタオルを投げたりはしない。もちろん彼はゴールを奪いたいと思っているし、そのチャンスはある。彼に今欠けているものはゴールのみだ。この点においては彼にとって厳しい1年になっているが、続けていくしかない」

次の記事:
【原博実の超現場日記2018/第16回】天晴れ!FC町田ゼルビア。満員の野津田でのJ2最終節
次の記事:
ミランMFバカヨコが明かす「コンテとガットゥーゾは似ている」「抗議の笛には理解」
次の記事:
ディバラが今冬退団のうわさを完全否定…同僚C・ロナウドとの関係性にも言及
次の記事:
マンチーニが決定力不足に嘆き「フットボールで最も重要なことはゴール」
次の記事:
モデストがケルンに1年4カ月ぶり復帰…“大迫の相棒”が独2部の古巣で再スタート
閉じる