ニュース ライブスコア
ラ リーガ

ジダン、エスパニョール戦黒星は「値しない」一方で選手たちには怒りも…

8:19 JST 2018/02/28
2018-02-28-zidane
エスパニョールに金星を許したマドリー…。

レアル・マドリーを率いるジネディーヌ・ジダン監督が、エスパニョールに敗れた後の記者会見で胸の内を語った。

マドリーは27日、リーガ・エスパニョーラ第26節でエスパニョールと対戦。試合はアウェーのマドリーがチャンスを作りながら、終了間際にエスパニョールがワンチャンスを活かして1-0で金星を手にした。それでも、ジダン監督は敗戦には値しなかったと考えているようだ。

「テンションが欠けていたとは思わないし、いいプレーができていた。エスパニョールは多くのチャンスを生み出したわけではないし、我々は敗戦には値しなかった。だが、これがフットボールだ。努力を続けなければならない」

また、ガレス・ベイルをセンターフォワードとして起用したことに疑問の声も上がる中、「負けたということは何かが上手くいかなかったということ。しかし、多くの理由がある」と話してこのように続ける。

「選手たちには少し怒りを覚えている。なぜならほとんどチャンスのなかった相手に、最後の1分で得点を許してしまったのだからね。そうなれば再び起き上がるのは難しい」

▶リーガ・エスパニョーラ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう