ジェラード氏、来季からリヴァプールU-18チームの監督に…昨年11月に現役を引退

コメント()
Liverpool FC Official Website
昨年11月に現役引退を発表し、1月から古巣でコーチングキャリアをスタートしたジェラード氏。現在U-18チームのクリッチリー監督の後任として来シーズンから指揮を執る。

リヴァプールのレジェンド、スティーブン・ジェラード氏が、来シーズンからU-18チームの監督に就任すると『スカイスポーツ』が報じている。

1月にリヴァプールアカデミーのコーチとして新たなキャリアをスタートしていたジェラード氏は、かねてより指導者としてリヴァプールに恩返しすることを熱望していた。現役時代に長期にわたってチームキャプテンを務め、イングランド代表としても114試合に出場した同氏は、4カ月前にメジャーリーグ・サッカーのロサンゼルス・ギャラクシーを最後に現役を退いた。

昨年11月にリーグ1(イングランド3部)のMKドンズのピート・ウィンケルマン会長よりカール・ロビンソン監督の後任としてチームの指揮を執るよう要請されたが、ジェラード氏は時期尚早と判断し、合意には至らなかった。しかし、リヴァプールで700試合以上に出場した元イングランド代表MFは、古巣で指導者としてのキャリアを歩み出す決意を固め、今年からリヴァプールのアカデミー選手への指導を開始している。

元クルー・アレクサンドラのニール・クリッチリー監督が率いるリヴァプールU-18チームは、現在U-18プレミアリーグのノース・ディビジョンで3位につけている。

サッカーのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

閉じる