シント=トロイデンVVでの活躍を誓うMF関根貴大「アシスト、ゴールという結果を残していく」

コメント()
関根貴大がシント=トロイデンVVでの新シーズンに向けて意気込みを示した。

ベルギー1部のシント=トロイデンVVは25日、都内で新ユニフォームのお披露目と事業に関する会見を開いた。イベントの中でMF関根貴大が意気込みを語っている。

シント=トロイデンVVは昨年11月、DMMがクラブの経営権を取得。関根は今シーズン、ブンデスリーガ2部のインゴルシュタットからのレンタル移籍によりベルギーでプレーする。昨シーズン、公式戦2試合に出場にとどまった関根は、シント=トロイデンVVで今シーズンに成長する意欲を示した。

「自分だったり、トミ(冨安健洋)だったり日本人選手が活躍することで、このチームを成長させることができると思います。アシスト、ゴールという結果をしっかりと残してチームに貢献していきたいです」

なお、シント=トロイデンVVは先日、日本代表DF遠藤航の獲得に関して浦和レッズと合意したことを発表。冨安健洋も所属するシント=トロイデンVVは、28日に行われるリーグ戦開幕節で、今夏に植田直通が加入したセルクル・ブルージュKSVと対戦する。

次の記事:
『Goal 50』選出の女子年間最優秀選手はオーストラリア代表カーに!熊谷紗希らを抑えて
次の記事:
ドイツ、若手中心のメンバーでロシアに勝利…3得点以上は1年ぶり
次の記事:
アジアカップへ照準を合わせる柴崎岳「出場できれば大きなプラスになる」
次の記事:
ベルギー、全勝で終了…クロアチアはリーグA残留かけて最終戦へ/UEFAネーションズリーグ
次の記事:
中島翔哉、ウルグアイ戦に満足せず。「そこまでいいプレーができたとは思っていない」
閉じる