シメオネ「グリエズマンのゴール抜きでの勝ち点23獲得は良い兆候」

コメント()
(C)Getty Images
エースの復調を考慮に入れる

4日のリーガエスパニョーラ第11節、アトレティコ・マドリーは敵地リアソールでのデポルティボ戦を1-0で制した。92分のMFトマス・パルティのミドル弾が決勝点となった薄氷の勝利だが、ディエゴ・シメオネ監督は選手たちの健闘を称えている。

スペイン『マルカ』がアルゼンチン人指揮官のコメントを伝えた。

「チームは見事に応じた責任を果たした。厳しい試合ながらもチームとしてプレーしていたし、とてもソリッドだったと思う。私たちはコンペティティブなチームだ」

広告

気になるのは、ここまでに2得点しか決めていないエースFWアントワーヌ・グリエズマンの調子だ。シメオネ監督はこの試合の後半に同選手をMFホセ・ヒメネスとの交代でピッチから下げたが、その理由については「ヒメネス起用の意図は中盤の強化にあり、サウール、ガメイロ、ガイタンでゴールを目指した」と説明。またグリエズマンの復調を前提として、現時点までに勝ち点23を獲得し、3位に位置していることを上々の結果としている。

「グリエズマンのゴール抜きで勝ち点23を手にしているのは良い兆候だよ。これから彼も点を決めてくれるはずだ。私は気概あるチームを率いているし、選手たちを誇りに思う」

「私たちはすべての試合に勝利する義務を背負っている。が、全部に勝つことなどあり得ないんだ。それに現時点で獲得した勝ち点数は、昨季の同じ時期よりも2ポイント多い」

次の記事:
アーセナル、敏腕スカウトの退団が決定…過去には香川真司やオーバ、デンベレらを“発掘“
次の記事:
「もっと良くならなければ…」ソン・フンミンが辛勝でベスト8進出のチームを鼓舞
次の記事:
行方不明のFWサラに父が悲痛のコメント「絶望している。言葉がない」
次の記事:
元日本代表MF稲本潤一、新天地は相模原に決定!「自分の経験や知識の全てをいかして、勝利に貢献したい」
次の記事:
死闘制して準々決勝も、韓国メディアは自国の戦いに辛辣「90分で勝ち切れる相手に…」
閉じる