シティ、スターリングの劇的弾で12連勝…吉田は主将でフル出場/プレミアリーグ第14節

コメント()
(C)Getty Images
サウサンプトンが劇的弾に沈む。シティはリーグ戦12連勝!

■プレミアリーグ第14節 マンチェスター・シティ 2-1 サウサンプトン

マンチェスター・C:デ・ブライネ(47分)、スターリング(90+5分)

サウサンプトン:ロメウ(75分)

プレミアリーグ第14節が29日に行われ、マンチェスター・シティとサウサンプトンが対戦した。

いまだ開幕から無敗を続けるマンチェスター・Cを相手に、吉田は先発出場。3試合ぶりの先発はキャプテンマークを巻いての出場となった。

試合は前半からホームのシティがボールを支配。幾度となくシュートまで持ち込むが、GKフレイザー・フォースターの好守連発で、スコアは動かない。一方、サウサンプトンはセットプレーから好機を見出し、吉田がフリーで合わせるシーンもあったが、シュートは惜しくも枠に飛ばず。

スコアレスで前半を折り返すと、試合は意外な形で動く。47分、ケヴィン・デ・ブライネがFKで低いボールをニアへ送ると、DFが触り、そのままゴールへ転がり込んだ。

広告

その後もシティが支配し、追加点は時間の問題かと思われたが、サウサンプトンの交代策が功を奏す。64分にドリブラーのソフィアン・ブファルが交代でピッチへ入ると、75分に右サイドでファビアン・デルフをかわして、突破。クロスを上げると、オリオル・ロメウが右足で合わせて、サウサンプトンがワンチャンスから同点に追いつく。

ダビド・シルバやベルナルド・シウバを投入し、支配力を強めるシティは、アディショナルタイムについに勝ち越し点を奪う。バイタルエリアでボールを回すと、最後はラヒーム・スターリングが右足でゴール右へと突き刺す。直後にホイッスルが鳴らされ、シティが劇的弾で2-1と勝利し、リーグ戦12連勝を達成。サウサンプトンの選手たちはがっくりと肩を落とした。

▶プレミアリーグを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
エジルとの不仲が報じられるも…エメリは自身の哲学を主張「摩擦がチームをより良くする」
次の記事:
チェルシー、イグアインのローン移籍で保有権を持つユーヴェと合意か…45億円の買取OP付き
次の記事:
元Jリーガーのドゥンビアが値千金同点弾…アウェーGでアトレティコを上回り、ジローナが国王杯8強へ
次の記事:
中島翔哉にカタール王者への移籍話が急浮上?「すでにクラブ間合意」とポルトガルで報道
次の記事:
ドルトムント、バイエルン移籍を“禁止”?主力選手のライバルへの流出を阻止か
閉じる