ザック、のんびり過ぎて解説に不適?「伊代表が酷いのは彼の眠たくなる解説のせい」

コメント()
Getty Images
イタリアメディアでのアルベルト・ザッケローニ氏の解説が不適切ではないかとの声が上がっている。

元日本代表監督のアルベルト・ザッケローニ氏の解説が「眠たくなる」と不評を買っている。6日付のイタリア紙『コリエレ・デラ・セーラ』において、ジャーナリズムの専門家アルド・グラッソ教授が指摘している。

イタリアは先日、ロシア・ワールドカップ欧州予選において0-3でスペインに大敗し、格下のイスラエル相手にはホームで1-0と辛勝した。グラッソ教授はアッズーリの不甲斐ない成績は、解説を務めるザッケローニ氏と実況アナウンサーのせいであると主張している。

2人のコンビについて「(マルコ)ヴェッラッティがどんなプレーをしたなどと伝えているが、常に困っているようで、まるで飛んでいくボウリングのピンのようだ。あまりに明確性を欠き、あまりにもろく、少しでも良識を持って検討すれば一掃できるのでは」と、コンビの解消をするべきだと強調した。

ザッケローニ氏については、「素晴らしい人柄だが、解説は彼の仕事ではない。彼の声のトーンでは、観衆からアッズーリに対してヤジが飛んでいる場面でも眠くなってしまう」として、穏やかな口調がサッカー解説に適していないと考えている。

また試合中、ピッチ脇のリポーターからは「ザック、早く」と急かす声が聞こえていたと指摘し、「何をさせたかったのか? もっと積極的にコメントを出すようになのか、トイレを急ぐようになのか、ビュッフェでタルトを早食いしてくるようになのか」と皮肉を述べた。そして最後に「“反応する”という言葉はザックがコメントで一番良く使う言葉なのに」と苦言を呈している。

閉じる