サンフレッチェ広島GK林卓人が腰椎椎間板ヘルニアで手術…全治まで8週間の見込み

コメント()
(C)Getty Images for DAZN
サンフレッチェ広島GK林卓人が手術を行った。

サンフレッチェ広島は15日、GK林卓人が手術を行ったと発表した。広島県内の病院で腰椎椎間板ヘルニアの手術を行い、全治までは8週間を要する見込みだ。

林は大阪府出身の35歳。今季は、明治安田生命J1リーグ第2節から同16節までフル出場していたが、同17節以降はGK中林洋次にスタメンの座を譲っていた。

▶Jリーグのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう

閉じる