サラー「ゴールデンブーツよりもCLタイトル」準決勝で古巣と対戦

コメント()
エジプト代表FWは個人タイトルよりもチームとしてのタイトルが欲しいようだ。

リヴァプールFWモハメド・サラーは、個人タイトルよりもチームとしてのヨーロッパタイトルが欲しいと明かした。

サラーはリヴァプール加入1年目の今シーズン、全公式戦で45試合に出場し、40ゴールを記録。プレミアリーグだけでも30ゴールを決めており、25点を記録しているトッテナムFWハリー・ケインや21点のマンチェスター・シティFWセルヒオ・アグエロを抑え、プレミアリーグのゴールデンブーツ(得点王)争いでトップに立っている。

チャンピオンズリーグ準々決勝マンチェスター・シティ戦でも自らゴールを奪い、準決勝では古巣ローマとの戦いを控える。この状況にエジプト代表はシティ撃破の喜びを明かしつつも、個人タイトルよりもチームとしてのタイトルが欲しいと語った。

「もちろん素晴らしい感覚さ。でも得点を決めてチームを助けられたことが一番嬉しいよ。もしチャンピオンズリーグとゴールデンブーツを選べるなら、チャンピオンズリーグを選ぶさ。迷いもしないね。チャンピオンズリーグを優勝することはみんなにとって非常に重要なものさ。それ以外のことは考えられないよ」

しかし、ゴールデンブーツを意識していることも正直に明かした。

「嘘はつかないよ。もちろん頭の中にあるさ。チームの皆が僕にボールを集めて力になってくれているんだ。トッテナムの選手はハリー・ケインに、マンチェスター・シティはセルヒオ・アグエロに同じことをしてると思うよ。でも結局はチームとしてプレーすることになるんだ」

次の記事:
C・ロナウドを追いユヴェントスへ?マルセロがレアルに移籍志願か
次の記事:
ベルルスコーニ氏所有のモンツァが監督解任…チーム再建へ元ミラン指揮官を招へい
次の記事:
ローマ指揮官、西村所属CSKAモスクワとの2連戦へ意欲「才能ある選手がいるが…」
次の記事:
イカルディ、バルセロナのメッシ不在で「互角になる。クオリティが僕らには備わっている」
次の記事:
ACL“究極のサポーター”コンテスト、鹿島の女子サポ岩崎さんが最終エントリーに残る。ぜひ投票を!
閉じる