ニュース ライブスコア
明治安田生命J1リーグ

サガン鳥栖、ドイツでプレーする19歳・伊藤遼哉を獲得「ゴールに絡むプレーが特徴」

17:16 JST 2017/12/09
2017-12-09-tosu.jpg
デュッセルドルフU-19所属のMF伊藤遼哉が、サガン鳥栖へ加入する。

サガン鳥栖は9日、ドイツでプレーする19歳・MF伊藤遼哉の加入を発表した。

伊藤は東京都出身の19歳。幼少期よりオーストラリアで過ごし、スイスを経てドイツへ移住した。バイエルン、シャルケといったクラブの育成組織でプレーし、現在はデュッセルドルフU-19に所属。2014年、2015年には世代別の日本代表にも選ばれており、2020年の東京オリンピックへ向けたU-20代表入りも期待されている。

伊藤は鳥栖の公式サイトを通じ、「この度、サガン鳥栖に加入することになりました伊藤遼哉です。サガン鳥栖という多くの人に愛されるチームの一員になれたことを大変嬉しく思います」とコメント。

「ゴールに絡むプレーという自身の特徴を最大限にいかして、チームの勝利に貢献できるよう頑張ります。ファン・サポーターの皆さんと共に初タイトルを取るため必死に戦います!応援よろしくお願い致します」と呼びかけている。

▶Jリーグを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。