サガン鳥栖が2018シーズンの新体制を発表…GK権田修一が背番号20に変更

コメント()
(C) Getty Images for DAZN
サガン鳥栖が2018シーズンの新体制を発表した。

サガン鳥栖は14日、2018シーズンの新体制を発表した。監督・コーチ・スタッフ陣に大きな変更はない。2017年に行われたEAFF E-1サッカー選手権で代表復帰を果たしたGK権田修一が、背番号33から20へ変更となっている。

京都サンガF.C.より加入するDF高橋祐治は背番号3、東京ヴェルディから加入のDF安在和樹は24、デュッセルドルフU-19(ドイツ)より移籍のMF伊藤遼哉は26を背負う。なお、蔚山現代(韓国)へ期限付き移籍したFW豊田陽平の背番号11は空き番となっている。

発表された新背番号は以下の通り。

■GK
1 赤星拓
12 辻周吾
20 権田修一
30 ファンティーニ燦

■DF
2 三丸拡
3 高橋祐治
5 キム・ミンヒョク
8 藤田優人
13 小林祐三
15 鄭昇炫
23 吉田豊
24 安在和樹

■MF
4 原川力
6 福田晃斗
7 河野広貴
14 高橋義希
25 安庸佑
26 伊藤遼哉
28 石川啓人
29 谷口博之
50 水野晃樹

■FW
9 趙東建
22 池田圭
27 田川亨介
32 ビクトル・イバルボ
40 小野裕二

▶Jリーグを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

閉じる