サウール、バルサからの関心を喜ぶも「アトレティコとともに成長を続けたい」

コメント
アトレティコ・マドリーのサウール・ニゲスは、バルセロナからの興味に“光栄”と話す。

アトレティコ・マドリーのMFサウール・ニゲスは、バルセロナからの興味に“光栄”と話すも、残留してタイトルを獲得することが目標と語った。

12月にアトレティコ・マドリーのミゲル・アンヘル・ヒル・マリンCEOはバルセロナからサウールに関する問い合わせがあったと明らかにしたが、1億5000万ユーロ(約195億円)の違約金を満額支払われない限り、放出しないと主張。一方のサウールは、スペインメディア『アス』に他のクラブからの関心はいつもポジティブなことと認めるも、今はスペインの首都でプレーし続けることを望んでいるようだ。

「他のチームが興味を持ってくれることは悪いことではない。でも、僕はアトレティコに居続けたいから、契約を更新した。アトレティコとともにこれからも成長を続けることを理想としている」

「行き詰ってしまい、何かしらの変化が必要になれば、僕たちはそのことについて話し合うだろう。でも、僕はアトレティコでまだまだ成長を続けたいし、アトレティコ・マドリーがトロフィーを獲得できるまで戦うことが僕の目標だ」

また、今シーズンのチャンピオンズリーグでは、ローマとチェルシーに屈して早々と敗退。年明けからヨーロッパリーグでの戦いが始まることについて、サウールは2012年以来の優勝を目指して全力を尽くしたいと語った。

「ラ・リーガ、コパ・デル・レイでの戦いは大きなチャレンジだが、全ての試合で僕たちは全力を尽くしたい。そして、ヨーロッパリーグでも同様に戦いたい。当初はこのタイトルを目指して戦うとは想像していなかった。でも、今はそのトロフィーを獲得することを強く望んでいる」

「このチームはチャンピオンズリーグ優勝を目標にしてきたから、もちろんヨーロッパリーグでは満足できない。でも、これもとても重要な大会で、過去に優勝した大会にもう一度勝ちたいとみんなが考えている」

▶リーガ・エスパニョーラを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
「欧州のクラブから2年契約を提示された」ウサイン・ボルトの代理人がオファーを明かす
次の記事:
スペイン指揮官L・エンリケ、イングランドに敗戦も焦らず「選手を蹴ったり批判はしない」
次の記事:
指揮官からも酷評されるバカヨコが早期放出か…「どうやってボールを奪うかから学ぶ必要がある」
次の記事:
モドリッチが考えるバロンドールにふさわしい選手は?「この1年を考えると…」
次の記事:
「イングランド史上最高の前半」地元記者がスペイン戦勝利に大興奮
閉じる