ゴールで締めくくった大迫勇也、来季EL出場で「僕自身も一つ上のレベルへ」

コメント()
(C)Getty Images
シーズンを終えたケルンFW大迫勇也。ケガもありながら充実のシーズンを送ったが、すでに目線は来季へと向いているようだ。

ケルンに所属する日本代表FW大迫勇也は、来シーズンのヨーロッパリーグ出場権を獲得して喜びを露わにした。ブンデスリーガ公式サイトが伝えている。

ケルンは20日、ブンデスリーガ最終節でマインツと対戦。先発出場した大迫は1ゴール1アシストの活躍を見せ、2-0での勝利に大きく貢献した。試合後のインタビューに応じた大迫は、ヨーロッパリーグ出場権獲得について「素直によかったです。チームとしての目標だったので」と語り、喜んだ。また、得点についても「あのようなシチュエーションが来るだろうなと思っていたので、落ち着いて決められた」と振り返っている。

今シーズンについては「良い形で入ることができた」としながら、代表戦でのケガを悔やんだ大迫。それでも目線は先を向いている。

「来年につながると思うし、ELもあるし、試合数も増えるのでまた頑張りたいです。来季は今年以上の成績を残さないといけないと思います。新しい選手も取ると思うし、チームの中でもまた良い競争が生まれる。またそこで勝てれば、僕自身も一つ上のレベルにいけると思います」

シーズン最終戦で素晴らしいサポートを見せたファンについては「このサポーターと来年また一緒に、良いシーズンを送れたらいいと思います」と感謝しつつ、飛躍を誓った。

閉じる