コウチーニョが代表戦でゴール後に涙…バルサ行き消滅に悲しみを隠せず?

コメント()
Getty Images
ブラジルvsエクアドルで、コウチーニョがゴールを決めた。ゴール後、涙を流したコウチーニョだが、バルサ行きが実現しなかったことによる、悲しみの涙だったのではないかと報じられている。

現地時間8月31日、ロシア・ワールドカップの南米予選第15節ブラジルvsエクアドルは2-0でブラジルが勝利を収めた。

この試合ではリヴァプールのフィリペ・コウチーニョが59分から途中出場。77分にはガブリエウ・ジェズスにループパスを通し、G・ジェズスのくさびを受けて後方から走り込むと、コウチーニョはダイレクトシュートで追加点を決めた。

この後、コウチーニョはまくり上げたユニフォームをくわえながらタッチラインに向かって走り出すと、味方に包容され涙を流した。

試合後、ブラジルサッカー協会は公式メディアを通して「コウチーニョは感情を揺さぶられるような状況にあったようだ。彼はいろいろ迷いがあるようだが、ゴールを決めたことは称賛に値する」との声明を発表し、コウチーニョの心情に理解を示している。

コウチーニョがなぜ試合中に涙を流したのか、その真相は現時点で不明だが、一部のヨーロッパメディアは「コウチーニョは熱望していたバルサ行きが実現しなかったことに、深い悲しみを抱えながらプレーしていた」と伝えている。

今夏の移籍市場でバルセロナは、退団したネイマールの穴埋め役としてコウチーニョ獲得を熱望。バルセロナからの再三のオファーをリヴァプールはすべて拒絶しており、報道によると、1億1400万ポンド(約160億円)での契約解除金の打診も断ったと伝えられていた。そうしている間にドルトムントのフランス代表FWウスマン・デンベレのバルセロナ入りが決まり、コウチーニョのバルセロナへの移籍話は収束する形に。

コウチーニョはバルセロナへの移籍を熱望していたとされ、プレミアリーグでは第3節まで背中の負傷や体調不良を理由に出場していなかった。

閉じる