ケルン、今季初勝利は遠く…大迫途中出場も25年ぶり欧州カップ戦は連敗スタート

コメント()
(C)Getty Images
厳しいシーズンを過ごすケルン。いまだ今季白星を手にできていない。

ヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第2節が28日に行われ、日本代表FW大迫勇也が所属するケルンは、セルビアのレッドスター・ベオグラードと対戦した。

いまだ今シーズン未勝利と厳しい時期を過ごしているケルンは、大迫をベンチに置いて、この一戦に臨む。ホームでリズムをつかみかけていたケルンだが、30分にミドルシュートでレッドスターに先制点を許してしまう。

後半からは大迫を投入。前線でボールを引き出せる大迫がピッチへ入ったことで、流れはケルンへと傾いていく。しかし、決定的なシュートはいずれもポストに跳ね返され、ゴールは生まれない。結局、ケルンはホームで0-1と敗れている。

25年ぶりに欧州カップ戦に参加しているケルンは、初戦のアーセナル戦に続き敗北。今シーズンは1分けを除いてすべての公式戦で敗れている。

閉じる