クロップ、ドイツ代表指揮官のポストに興味なし?「今に満足している」

コメント()
Getty Images

リヴァプールのユルゲン・クロップ監督は、ドイツ代表指揮官についてそれほど興味は示していないようだ。『Magenta TV』が報じた。

ドイツ代表は現在、ヨアヒム・レーブ監督が指揮。EURO2020まで指揮を執るとされ、その後の後任は未定となっている。そんな中、リヴァプールでチャンピオンズリーグ制覇を成し遂げ、魅力的なチームを作り上げたクロップの就任を期待する人々も少なくない。クロップはこの可能性について「今は何も言えない。そうしたいのかもわからない」と話す。

「今のところはそのようには感じていない。今は自分がやっていることに満足しているし、それが最も重要なことだ。疑問が生じれば、それについて考えるだろう。今はそのときじゃない」

2022年までリヴァプールとの契約を残すクロップ。現状ではドイツ代表での仕事にそれほどひかれてはいないようだが、将来はどのようなものとなるのだろうか。

▶プレミアリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZNが「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ ┃料金体系→こちらへ ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説 ※
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News』の提供記事です

Goal-live-scores

閉じる