クロップ、“ジェラードの後継者”ヘンダーソンに同情「イングランドで最も難しい仕事」

最終更新
コメント()
(C)Getty Images
リヴァプール指揮官は、イングランド中の期待を背負うチームキャプテンを絶賛しつつも、置かれている立場に同情した。

リヴァプールのユルゲン・クロップ監督は、イングランド代表MFジョーダン・ヘンダーソンの置かれている立場に同情を示した。

ヘンダーソンは、クラブのレジェンドであるスティーブン・ジェラードの後継者として期待されている。27歳のチームキャプテンは4日に行われたプレミアリーグ第29節ニューカッスル戦に先発出場し、2-0の勝利に貢献。1月末にハムストリングのケガからの復帰以降、クロップのサッカーには欠かせない選手であることを証明し続けている。

イングランド人MFでリヴァプールのキャプテンということで、イングランド中からジェラードの後継者としての期待が集まっているヘンダーソンだが、クロップは1人の素晴らしい選手として見てほしいと主張した。

「ジョーダンは私が彼について考えていること、ガレス・サウスゲート(イングランド代表監督)が考えていることを分かっている。ジョーダンは成長できるかって? もちろんイエスだ。彼はまだ十分若い。彼は強いか? 100パーセント、イエスだ。だからこそ彼はわれわれのためにプレーし、キャプテンを務めているんだ」

「前節は彼にとっては素晴らしいゲームだった。いろいろな面において良いパフォーマンスを見せてくれた。ゲームをコントロールし、サイドチェンジをし、ロングパスも素晴らしかった。正しいことを正しいタイミングで実行していた。とてもアグレッシブに、そして守備においても、とても良かった。アグレッシブに行かないときでさえも、しっかりと我慢し、ボールを奪い取っていた。それはチームの大きな助けになっていた」

「彼はイングランドで最も難しい仕事を与えられている。スティーブン・ジェラードの後継者でなければならないことだ。それは遂行するのは良い仕事ではないし、与えられて嬉しい仕事ではない。人々がそれについてあまり考えすぎないで、もっと彼を1人のファンタスティックな選手として見てくれることを祈っているよ」

▶プレミアリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

次の記事:
アルバ、“遅刻魔”デンベレに「ピッチ外の行動は改善できる…」
次の記事:
サネッティ氏、幹部転身の理由を明かす「私なら監督ができると考える人は多かったが…」
次の記事:
サディオ・マネ:Unstoppable - リヴァプールのスターが示す成功のための謙虚さ
次の記事:
PKで今季5ゴール目の本田圭佑、直近5戦4発で好調維持! チームは破竹の6連勝で暫定首位浮上/Aリーグ第8節
次の記事:
クラブW杯、鹿島vsチーバス・グアダラハラを前に北米大手メディアが鹿島を警戒
閉じる