クラブ最古参ウォルコット、エヴァートン移籍が決定的に…総額37億円で取引実現へ

コメント()
Getty Images
ワールドカップ出場を目指すイングランド代表FWのエヴァートン行きが決定的になった。

アーセナルFWセオ・ウォルコットが、エヴァートンと契約間近であることが分かった。『Goal』の取材で明らかとなった。

10年以上アーセナルに在籍し、現メンバーの中では最古参であるウォルコット。しかし、今季出場機会に恵まれず、プレミアリーグでの出場はわずか6試合に留まっている。ロシア・ワールドカップへの出場を目指す28歳のイングランド人FWは、アピールのために移籍を考慮していると伝えられていた。

そしてウォルコットは、古巣のサウサンプトンへの復帰やウェスト・ハムの興味が囁かれる中、最も魅力的なオファーを提示したエヴァートンに加入することになるようだ。移籍金は2000万ポンド(約30億円)+ボーナス500万ポンド(約7億6000万円)になると報じられている。

16日午後には、エヴァートンでメディカルチェックを受ける予定となっており、問題がなければ数日中に正式発表となるようだ。早ければ、20日のウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン戦にはエヴァートンのメンバーとしてプレーすることになるという。

2006年、若干16歳でアーセナルに加入したウォルコット。クラブ在籍12年で397試合に出場し、108ゴールを記録したクラブ最古参の選手が、ついにクラブを離れることになるようだ。

▶プレミアリーグを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
クルトワに続き、ナバスも負傷で離脱…大一番セビージャ戦でルカ・ジダンが先発か
次の記事:
またしてもプレミアから中国に流出か…アルナウトビッチの広州恒大行きが浮上
次の記事:
国王杯準々決勝の組み合わせが決定…5連覇を目指すバルセロナはセビージャと激突
次の記事:
香川真司の去就もついに決定?ドルトムントSD、戦力整理について「話を進めているところ」
次の記事:
日本が参戦するコパ・アメリカのポット分けが発表…組み合わせ抽選会は24日に開催予定
閉じる