ニュース ライブスコア
プレミアリーグ

クラブとの契約延長が破談したと報じられたルカク「今は話せないが、すでに決断した」

10:05 JST 2017/03/25
Romelu Lukaku
エヴァートンとの契約延長が破談し、今夏での退団を報じられたルカクは、自身の掲げる目標に間違いはなく、将来に関する決断はすでに下したと語った。

先日エヴァートンとの契約延長が破談したと報じられたベルギー代表FWロメル・ルカクは、将来に関する決断をすでに下したようだ。『スカイスポーツ』が報じている。

現在ベルギー代表に招集され、25日にワールドカップ予選のギリシャ戦を控えるルカクは、エヴァートンの野心に疑問を抱いており、ヨーロッパで最高のストライカーになるためには「土台」が必要と言及していた。これを受け、今夏にトフィーズを退団するという憶測が飛び、多くのビッグクラブが同選手の獲得に向けて動き出している。ベルギー代表FWは将来に関する決断は下したが、自身の掲げる目標まではまだまだ時間が必要だと考えているようだ。

「すでに決断は下している。だから話すことはできない。僕の野心は間違っていない。フットボーラーとしてどのようになりたいか、どこでプレーしたいかを考える必要がある。今まで長い道のりを歩んできたが、目標まではまだまだ時間がかかりそうだ。それに僕はもっと改善しなければならないし、良いプレーをしなくてはならない。できる限りエヴァートンと代表チームを助けたいと思う。今後も数多くのことを達成できると思う」

「僕が言ったことを間違って理解する人もいるが、これは僕の掲げる目標だ。タイトルとトロフィーを獲得したい。それにこのようなことを言うと大口を叩いていると批判されるかもしれないけれど、温かく見守ってほしい。もしベストプレーヤーになりたければ、何かを成し遂げる必要がある」

サッカーのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。