“キレキレドリブル”伊藤がHSVを救う…9試合ぶりの勝利に導く/ブンデスリーガ第11節

コメント()
(C)Getty Images
HSVが久々の勝ち点3を手に。8月以来の勝利となった。

■ブンデスリーガ第11節 ハンブルガーSV 3-1 シュトゥットガルト

ハンブルガーSV:ハント(20分)、コスティッチ(65分)、アルプ(69分)

シュトゥットガルト:ギンチェク(55分)

ブンデスリーガ第11節が4日に行われ、ハンブルガーSV(HSV)とシュトゥットガルトが対戦した。

伊藤達哉と酒井高徳が揃って先発したHSVは立ち上がりから攻勢をかける。ポジションを自由に入れ替える伊藤のドリブルが、攻撃のアクセントとなり、ゴールの薫りをさせていく。

さらに、浅野拓磨が先発したシュトゥットガルトにアクシデント。13分にデニス・ブルニッチが2枚目のイエローカードで退場し、数的不利となってしまう。ここから、ペースはHSVに傾いていく。

20分には伊藤が倒されて得たFKをアーロン・ハントがねじ込み、待望の先制点を手にする。

その後も伊藤のアジリティーを生かしたHSVが、追加点に近づきながら、前半45分間の終了を知らせる笛を聞くことに。

後半に入っても数的有利を活かしたいHSVだったが、55分にアクシデント。FKからデニス・ディークマイアーがハンドを犯し、PKを与えてしまう。ビデオ・アシスタントレフェリーによって得たPKを、シュトゥットガルトのダニエル・ギンチェクが落ち着いて沈め、スコアをタイに戻す。

広告

65分、右サイドから伊藤がドリブルで起点を作ると、最後はディークマイアーのクロスにファーでフィリップ・コスティッチが頭で合わせ、再びHSVが1点をリードする。

直後に疲れを見せた伊藤は交代。またも途中交代となった。しかし、攻撃の手を緩めないHSVは追加点を挙げる。69分、17歳のヤン・アルプがペナルティエリア内でボールを受けるとターンし、右足で左ポストに当てながら、ゴールに沈めて3点目を手にする。

結局HSVがリードを守りきり、3-1で勝利。HSVは8月25日ケルン戦以来の勝利となった。なお、酒井と浅野はフル出場している。

次の記事:
バロテッリと酒井宏がチームメイトに! マルセイユが獲得を公式発表
次の記事:
ユヴェントス、ダルミアン獲得は断念か…カギとなる25歳MFが退団を拒否
次の記事:
搭乗飛行機行方不明のサラに元ナント指揮官ラニエリが祈り「サッカー界が団結するとき」
次の記事:
柴崎岳、準々決勝で対戦するベトナムを警戒「ここまで上がってくるだけの力がある」
次の記事:
「チャレンジャー精神で臨む」森保監督、ベトナム代表を高評価。「明日も厳しい試合になる」
閉じる