ガラタサライ監督、バルサで戦力外扱いのA・トゥラン加入を望む「彼に来てほしい」

コメント()
しかし交渉に進展なし

ガラタサライのイゴール・トゥドール監督は、バルセロナMFアルダ・トゥランの加入を熱望しているようだ。

バルセロナで戦力外扱いとなっているA・トゥランは、古巣ガラタサライへの復帰が噂され続けている状況だ。トゥドール監督も同選手の加入に期待している様子で、『Beinスポーツ』とのインタビューで次のように語っている。

広告

「アルダは偉大な選手であり、トルコフットボールの歴史の中でも重要な存在だ。ガラタサライに来てくれたらうれしいね」

だがトゥドール監督は「アルダについてずいぶんと話されている状況だが、この夏以降、我々は交渉を行っていない」とも語り、移籍実現に向けて進展はないことを強調している。

▶リーガ・エスパニョーラを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
バルセロナの哲学を壊しているのはGM?スカウティングの条件に“高身長”が含まれている模様
次の記事:
U-19日本代表タイを下し2連勝!U-20W杯出場を懸けた準々決勝へ進出
次の記事:
バルダーノ氏「レアルはC・ロナウド退団を冗談として受け止めた。監督代えても点取り屋はいない」
次の記事:
バイエルンOBのブライトナー氏、“怒りの会見”に失望「落胆している。想像できなかった」
次の記事:
イスコ「C・ロナウド?レアルにいたくなかった誰かのことで泣いてもしょうがない」
閉じる