カンボジアを率いる本田圭佑、14失点の歴史的大敗に「実は近道なんです」

コメント()
(C)Getty Images

カンボジア代表の実質的監督を務める元日本代表MF本田圭佑が、アジア予選での大敗について自身の『ツイッター』でコメントした。

カンボジア代表は、10日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)2次予選グループC第3戦でイラン代表と対戦。FIFAランキング169位のカンボジアとしては、23位でアジア最上位であるイランとの厳しい戦いが戦前から予想されていたが、結果は14-0というカンボジアにとって史上最多得点差での敗戦を強いられた。

海外メディアからも注目されるような大敗劇から一夜明け、本田は自身のツイッターを更新。「歴史上最悪の惨敗を樹立」との見出しのニュースを引用しつつ、「誤魔化したような戦いをして失点を減らすよりも、現在地を全員が認識してから改善していく方が実は近道なんです」と投稿。続けて、「強がりと思われるかもしれないけど、事実やから」と綴り、今回の大敗をポジティブに受け止めていた。

カンボジアは、アジア2次予選グループCで3試合を終えて1分け2敗の勝ち点1で最下位。15日には、ホームでイラク代表と対戦する。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZNが「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ ┃料金体系→こちらへ ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説 ※
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News』の提供記事です

Goal-live-scores

閉じる