カシージャス、今季限りでポルト退団へ…クラブは「彼の契約額はとても高い」と説明

コメント()

元スペイン代表GKイケル・カシージャスが、今季限りでポルトを退団することが明らかとなった。スペイン『EFE通信』が報じている。

2015年に下部組織から過ごすレアル・マドリーを離れ、ポルトに加入したカシージャス。しかしポルトでの冒険は、今期限りになる見込みだ。

ポルトのコミュニケーションディレクターであるフランシスコ・J・マルケス氏はポルトガル『ボラ』とのインタビューで、高額契約を結んでいる選手たちを放出する必要性がることを強調。その中で、カシージャスと今季終了まで結んでいる契約を、更新しない考えを明かしている。

「クラブは必要以上の費用を支払っている。費用削減、特に選手たちの給与をカットすることは義務となっており、そこが出発点だ」

「選手との契約が終了すれば、収支の安定を図ることができる。例えば、カシージャスとの契約は今季で終了する。彼の契約を非常に高額だ」

カシージャスは2015−16シーズン、2016−17シーズンこそポルトの正GKを務めていたが、今季よりカップ戦要員となっていた。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

次の記事:
「日本のメッシ」堂安律にイタリアからも熱視線「素早い加速に戦意失わせるシュート」
次の記事:
大不振のレアル・マドリーがロペテギを更迭か…コンテが最有力と伊メディア
次の記事:
最下位長崎の高木琢也監督、磐田との直接対決で痛恨ドローに「申し訳ないという気持ち」
次の記事:
白熱の戦い…長崎vs磐田の残留に向けたシックスポインターは痛み分け/J1第30節
次の記事:
「リヴァプールを見習うべき」レジェンドがマンチェスター・U攻撃陣に厳しい要求
閉じる