オーバメヤン、ゴールパフォーマンスが原因でドルトムントから600万円の罰金

コメント()
Getty Images
オーバメヤンが得点後のパフォーマンスでマスクを着用し多額の罰金を課された。

ボルシア・ドルトムントに所属するガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンが、5万ユーロ(約600万円)の罰金を払うことになった。ドイツ紙『ビルト』が報じている

ドルトムントは1日、ブンデスリーガ第26節に行われたシャルケとのダービーマッチに臨み、1-1で引き分けた。オーバメヤンは53分に先制点を挙げ、ゴール後マスクを被ったパフォーマンスを披露。マスクは自身のスポンサーを務めるナイキのプロモーションの一環で作られたもので、プーマとスポンサー契約を結ぶクラブに対して罰金を支払うことになった。

オーバメヤンは以前のダービーでも、チームメートのマルコ・ロイスとともにバットマンのマスクを被ってイエローカードを受け、当時の指揮官であるユルゲン・クロップから苦言を呈されていた。

オーバメヤンは2016-17シーズン、ブンデスリーガで24得点を挙げバイエルン・ミュンヘンのロベルト・レヴァンドフスキとともに得点ランキングトップに立っている。

閉じる