ニュース ライブスコア
プレミアリーグ

オーバメヤンが今季14得点目も一発退場…アーセナル、アルテタ体制初のリーグ連勝ならず

23:24 JST 2020/01/11
2020_1_11_arsenal

アーセナルは11日、プレミアリーグ第22節でクリスタル・パレスとのアウェー戦に臨んだ。

ここまで勝ち点28で9位につけるC・パレスと、勝ち点27で10位のアーセナルが相まみえた。アーセナルのアルテタ監督は、2-0で勝利した前節のマンチェスター・ユナイッド戦と同様のスタメンをチョイス。直近のFAカップ3回戦、1-0で勝利したリーズ戦からは4選手を変更した。

立ち上がりからボールを保持して主導権を掌握したアーセナルは、12分に幸先よく先制する。ダビド・ルイスの縦パスをバイタルエリアのエジルがさばいてラカゼットへ。最後は正面に走り込んだオーバメヤンが今季14得点目となるゴールを決めて、見事なコンビネーションからアーセナルが試合の均衡を崩した。

ハーフタイムにかけては一進一退の攻防となる。なかなか2点目に近づけないアーセナルに対し、終盤に反撃へ転じたC・パレスは41分にチャンス。ボックス中央に侵入したザハがゴール右にシュートを放ったが、これはGKレノのセーブに遭って同点弾とはならなかった。

迎えた後半は、ビハインドのC・パレスが力強い入りを見せる。すると、53分に追いつく。右サイドからメイヤーがクロスを入れると、正面のクヤテが触って最後はジョルダン・アイェウがシュート。DFにディフレクトしたボールがネットに収まり、C・パレスが試合を振り出し戻す。

追いつかれたアーセナルは、67分に窮地に陥る。メイヤーに対して足裏で危険なタックルをしたオーバメヤンのファウルがVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)判定に。主審がオーバメヤンにレッドカードを提示したことで、アーセナルが数的不利となる。

終盤、10人でも勝ち点3を狙うアーセナルは83分に決定機。ボックス左からペペが鋭いシュートを放つも、GKグアイタに触られたボールは右ポストに弾かれる。結局、試合はそのまま終了。アーセナルがアルテタ体制初の連勝を逃している。

■試合結果
クリスタル・パレス 1-1 アーセナル

■得点者
C・パレス:J・アイェウ(54分)
アーセナル:オーバメヤン(12分)

▶プレミアリーグ 2019-20シーズンDAZN完全独占!プレミアリーグ観るならDAZN。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)をテレビで見る方法7つを厳選!超簡単な視聴方法を紹介
DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ  ┃ 料金体系→こちらへ  ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説  ※
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News 』の提供記事です