オーバメヤンがアーセナル移籍の真相明かす「素晴らしいクラブ、監督がいる」

コメント()
Getty Images
今冬の移籍市場で、ドルトムントからアーセナルに移籍したオーバメヤンが、移籍決断の理由を語っている。中国行きについては「行きたいと思わなかった」と明かしている。

今冬の移籍市場でドルトムントからアーセナルに新天地を求めたガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤンが、移籍の選択肢はアーセナルしかなかったと語っている。

現地メディア『スカイスポーツ』UK版はオーバメヤンとヘンリク・ムヒタリャンのインタビュー記事を公開。その中でオーバメヤンは、「多くのうわさ話があったようだけど、正式なオファーを送ってくれたのはアーセナルだけだった。その内容もいい条件だったし、素晴らしいクラブだから、本当に嬉しかった。ドルトムントよりも大きな規模のクラブだから、僕にとって良いステップアップになったと思う」と語っている。

優勝争いから脱落しつつある現状については、「厳しい状況となっているが、ビッグクラブとの対戦でもチーム一丸になってハードワークする必要がある。(アーセン)ヴェンゲル監督という素晴らしい指導者もいるし、僕らがチームのために貢献しなくてはならない」と言及した。

また、以前伝えられていた中国移籍については、「中国やアメリカに行くということもあり得ることだとは思う。だけど、まだ僕はヨーロッパでやるべきことがたくさんあるし、中国に行きたいとは思わなかったね」と発言。東アジア行きについては、現時点で関心がなかったことも明かしている。

▶プレミアリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

次の記事:
「1位が良い、2位が良いではなくしっかり勝つことだけ」酒井宏樹がグループ最終戦へ意気込み
次の記事:
ケガの状態に明言避ける大迫勇也…若手に奮起促す「気持ちは分かる。でもこんなチャンスはない」
次の記事:
長友佑都が徹するベテランの役割…本田ら例に上げて若手に助言「周りも見ないくらいチャレンジしていた」
次の記事:
トッテナムに激震!ケインが左足首靭帯損傷で6週間離脱…ソン・フンミンも離脱で得点源2人を欠くことに
次の記事:
前回王者オーストラリア、大苦戦も劇的勝利!2位で決勝Tへ…FIFAランク109位ヨルダンが首位通過/アジア杯
閉じる