オーストラリア、ホンジュラスからアウェーゴール奪えず…第1戦はスコアレス/ロシアW杯大陸間プレーオフ

コメント()
ホンジュラスホームでの第1戦はスコア動かず。

ロシア・ワールドカップ大陸間プレーオフが10日に行われ、北中米代表のホンジュラスとアジア代表のオーストラリアが対戦した。

オーストラリアはアジアプレーオフで突破に貢献したベテランのティム・ケーヒルが、足首のケガの影響もあり、ベンチスタート。最前線にはトミー・ユリッチが入り、中盤にはミル・ジェディナク、アーロン・、ムーイといった主力選手が並んだ。

試合は地力で上回るオーストラリアがポゼッションで優位に立ちながらも、なかなか決定機までには至らない展開。ホンジュラスも逆にカウンターからシュートを放ち、ゴールを脅かす。しかし、両チームともに精度を欠き、最後までゴールは生まれず。ホンジュラスのホームで行われた試合はスコアレスドローに終わっている。

なお、第2戦は15日、オーストラリアのシドニーで行われる予定となっている。

▶サッカーを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
「リヴァプールを見習うべき」レジェンドがマンチェスター・U攻撃陣に厳しい要求
次の記事:
好スタートで首位走るドルトムント、J・サンチョ「僕らは野心的」
次の記事:
「我々に間違いがあった」騒動の非を認めたサッリがモウリーニョに謝罪
次の記事:
バルサとレアルによる今季初“クラシコ”、11年ぶりにメッシ&C・ロナウドが不在に
次の記事:
インテル、レアル戦でメッシを欠くバルサ…指揮官「重大なもの。対処しなければ」」
閉じる