エースの不在を嘆くT・エルナンデス「僕たちはもうC・ロナウドを必要としている」

コメント()
Getty Images
決定力不足がささやかれるレアル・マドリーに必要なのは、やはりエース。

9日のリーガエスパニョーラ第3節、レアル・マドリーは本拠地サンティアゴ・ベルナベウでのレバンテ戦を1−1のドローで引き分けた。DFテオ・エルナンデスは試合後、エースのFWクリスティアーノ・ロナウドの不在を嘆いている。

前節バレンシア戦(2−2)に続きドローゲームを演じたレアル・マドリー。レバンテ戦では18本のシュートを放ったにもかかわらず、決まったのはMFルーカス・バスケスのシュート1本だった。決定力不足がささやかれるレアル・マドリーだが、T・エルナンデスは現在出場停止中で、第5節より復帰予定のC・ロナウドがいればそれをを解決できるとの見解だ。

「ゴールを決めるため、僕たちにはもうクリスティアーノが必要だ」

「チームはチャンスこそ手にしていたが、すべて外してしまった。逆にレバンテは1本のシュートを決め切ったんだよ」

閉じる