エヴァートン相手にセリエA史上初の快挙達成…アタランタ指揮官「あらゆる想像超えた」

コメント()
Getty Images
アタランタがELエヴァートン戦で大勝を収め、ジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督は満足している。

アタランタの指揮官ジャン・ピエロ・ガスペリーニは思わぬ大勝に驚きを隠せない。イタリアメディア『スカイスポーツ』のインタビューで語った。

■イングランドでセリエA初の5得点

23日、ヨーロッパリーグ第5節エヴァートン対アタランタが行われ、アタランタが敵地で5-1と大勝を収めた。これによりあと1試合を残して決勝トーナメント進出を決めたほか、プレミアリーグのクラブから敵地において5得点を奪ったセリエA史上初のクラブになった。これまでの最高記録は2002年にインテルが記録したニューカッスル戦の4-1だったという。

ガスペリーニは想像を超えた選手たちの躍動に脱帽している。

「これほど鮮やかな勝利は想像できない。あらゆる予想を超えた結果になった。実際、試合に勝利するのは簡単ではなかった。後半に入り良いプレーができていたので、終盤、ゴールラッシュになったが、激しい試合だった。グループリーグ突破が優先事項だったが、決められて満足している。今度はリヨン戦に向けて準備していくが、抽選になるので首位に立つことが有利に働くかどうか分からない」

先制点を挙げるなどドッピエッタ(1試合2得点)の活躍を見せ、勝利に貢献した22歳のMFブライアン・クリスタンテを称賛している。

「彼は最高の選手だ。トップコンディションにある時は、ゴール前でも重要な役割を果たしてくれる。(フランク)ランパードとの比較? 分からないが、彼は攻守両面に優れているミッドフィルダーだ。フィジカルがあり、守備のサポートができるし、得点を取りに行くこともできる。偉大な選手たちに肩を並べられるよう努力していかなければならない」

▶サッカーを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

閉じる